分析・測定受託約款

分析・測定受託約款

第1条(目的)

この分析・測定受託約款(「本約款」といいます)は、委託者が委託し、株式会社環境アシスト(「環境アシスト」といいます)が受託する分析・測定業務(「本業務」といいます)に関し、委託者と環境アシストとの間で締結される個別契約に適用される共通の基本的事項を定めることを目的とします。

第2条(適用)

  1. 委託者および環境アシストは、次条に従い締結される個別契約によるほか、本約款に従って契約を履行するものとします。
  2. 個別契約の定めが本約款の定める ところと相異するときは、その部分に限り、個別契約の定めが優先して適用されるものとします。

第3条(個別契約の成立)

本業務に関する個別契約は、環境アシストが作成した見積書に基づき、委託者が所定の分析依頼書または注文書を環境アシストに交付し、環境アシストがこれを承諾した時に成立するものとします。

第4条(委託料の支払いおよび相殺)

  1. 委託者は本業務の委託料を、環境アシストが委託者に業務報告書(第6条に定義します)を提供した後に、環境アシストが発行する請求書に基づき、環境アシストが別に定める支払い条件に従い支払うものとします。ただし、環境アシストは委託者との取引の状況を勘案し、結果を提供する前に委託料を請求することができるものとします。
  2. 環境アシストから委託者に対して支払うべき債務があるときは、環境アシストは前項の委託料と相殺することができるものとします。

第5条(秘密保持)

  1. 環境アシストは、本業務の実施に必要と委託者が考える範囲内において委託者から表示をするなど秘密である旨を特定して提供または開示された試料および委託者の営業上、技術上の情報(総称して「秘密情報」という)について、委託者の書面による事前の同意なしには、本業務以外の目的に使用せず、かつ第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、次の各号の一に該当する秘密情報についてはこの限りではありません。
    1. 委託者から秘密情報の提供または開示を受ける前に、既に環境アシストが所有または取得していたもの
    2. 委託者から秘密情報の提供または開示を受ける前に、既に公知となっていたかまたは提供もしくは開示後環境アシストの責めによらず公知となったもの
    3. 委託者から秘密情報の提供または開示を受けた後、環境アシストが委託者に対する秘密保持義務を課されることなく、 正当な権限を有する第三者から合法的に取得したもの
  2. 環境アシストは、委託者から本業務を依頼された事実について第三者に開示、漏洩しないものとします。
  3. 前二項の規定にかかわらず、環境アシストが本業務の全部または一部を第三者に再委託するときには、環境アシストは秘密情報を当該再委託先に開示できます。ただし、環境アシストは、当該再委託先に対して、環境アシストが前二項の規定に基づき負担する義務と同様の義務を負担させます。
  4. 本条は、個別契約が締結されたときは、業務報告書提出後5年経過するまで有効とします。

第6条(業務報告書)

環境アシストは、原則として委託者と協議して定められた期間内に本業務の結果に関する報告書(「業務報告書」といいます)を作成し、委託者に提供するものとします。

第7条(試料等の提供および返却)

  1. 委託者は、個別契約で定められた本業務遂行に必要とする試料および情報等(総称して「試料等」という)を環境アシストに無償で提供するものとします。
  2. 環境アシストは、試料等を善良なる管理者の注意義務をもって使用・保管し、本業務の終了後は一定期間の保管ののち、環境アシストの裁量により委託者に返却または処分するものとします。ただし、予め両者間で処分方法を取決めた場合は、その方法によるものとします。

第8条(免責)

  1. 環境アシストは、天災地変その他環境アシストの責めに帰すことのできない事由により個別契約の履行が困難になったときは、これより生じた委託者の損害を賠償する義務を免れるものとします。
  2. 委託者が本業務の結果を使用したことにより生じた損害については、環境アシストの本業務の実施方法に過失があったと認められる場合を除き、環境アシストは一切責任を負いません。
  3. 環境アシストの本業務の実施方法に過失があったと認められるときは、環境アシストは委託者と協議の上、次に掲げるいずれかの方法により必要な補償をいたします。ただし、本項に定める補償は、業務報告書提供後1年間に限るものとします。
    1. 環境アシストの費用負担により、依頼された本業務を再実施します。
    2. 委託者から支払われた委託料の範囲内で委託者が被った損害を賠償します。
  4. 環境アシストは、本業務の結果についていかなる第三者の知的財産権にも抵触しないことを保証するものではありません。

第9条(協議)

本約款に定めのない事項または本約款の各条項に関する疑義については、両者誠意をもって協議の上決定することとします。

以上